ズボラ主婦、ミニマリストへの道

三度の飯よりダラダラするのが好きなズボラ主婦であるオキタが、ミニマルな生活を目指して日々奮闘するブログです。

節約リードディフューザーで虫対策。


先日我が家にあの忌まわしい虫が出現しました。

退治用のグッズは我が家では置いていないのでキッチン用アルコールスプレーを使って退治したのですが、

久しぶりの出現で精神的にかなりダメージを受けたようで数日後に夢に見るほどでした(笑)

 


最近は駅のホームや賃貸の廊下でも見かけることがあり、その度にまた家にも出るのではないかと不安になります。

この前はおそらく玄関から侵入されたのではないかと思うのですが、どうにか防ぐことはできないものか…と思案した結果、虫が苦手とするアロマを試してみようということになりました。

 


リードディフューザーを100均などの材料で作成されているブログを拝見し、そちらを参考に早速自作してみることに。

 


近所の100均におしゃれなガラス瓶がなかったため、適当なものを買いフタに目打ちで穴を開けました。

100均のガラス瓶の蓋は柔らかいので穴を開けるのはそれほど大変ではありませんでした。


今回アロマオイルは、特に効果があると言われるベチバーとティーツリーを使用しています。

はじめてベチバーのアロマを嗅ぎましたが、ベチバーの香りはなかなか好き嫌いありそうな感じなので、お試しで1番少ないものを購入しました。

今回は2種類を2個ずつ作成しました。

 

ニッパーで竹串の先端を切っておきます。

 

あまり背が高い瓶を買ってしまうと100均の竹串の長さではバランスが悪くなってしまうので

注意。

竹串の長さと瓶の長さのバランスが全体のおしゃれさの決め手になる気がします。


アロマオイルと無水エタノールを瓶に入れて竹串を入れて完成。

f:id:mono-archive:20190920092616j:image

 

何も書いていないのも寂しいので、アロマの名前のラベルを貼り付けました。

 

竹串に液体が染みて香りが上がってくるようになるまで2日くらい掛かりました。

アロマオイルは少なめ(5滴くらい)に垂らしたので、部屋の端に置いてあることもあり部屋全体に香るというわけではありません。

部屋に香らせるには結構たくさんオイルを使った方がいいのかもしれません。


瓶の形状的に、ワンカップ酒のようになってしまいましたがしばらくはこれで様子を見ようと思います。

お盆は断捨離強化週間。

少し前になりますが、お盆休みは以前からやりたいと思っていた本格的な断捨離を行動に移しました。

 


今回の断捨離では、あまり活用できていなかった家具や家電を中心に手放しました。

 


手放したものその1。

遊ばなくなったゲーム機とソフト。

 


独身時代に夫婦それぞれが使っていたものや、一緒に遊ぶために買ったものまでいろいろ。

普段Blu-rayを見たりするのに使うPS4以外は手放しました。

探してみると結構な量がありました。

かなり前のハードもあり、もっと早く売りに出せば高く売れたかも?と思うものも。

 


これらはほとんどはゲームの中古買取ショップに持って行きましたが、一部値が付かなかったジャンク品はフリマアプリに出品しました。

 


手放したものその2。

私が独身時代から使っていた家具・家電。

 


その当時は見せる収納が好きだったこともあり、

ラダーラックを使用してコレクションしているものを色々と飾っていました。

結婚してからは「あまり物が見えないように収納したい」と考えが変わり、

ラダーラックはデッドスペースになっていました。

 


お気に入りの棚ではありましたが、この機会に機能的な収納に買い換える足しになればとフリマアプリで売りに出しました。

 


また、昔は沢山使っていたCDコンポや間接照明もライフスタイルの変化で使用機会がなくなったために断捨離の対象としました。

 


手放したものその3。

新婚時代に買い漁った雑貨たち。

 


我が家のインテリアはすべて私のチョイスです。

新婚の頃はかなりインテリアにはこだわっていて、雑貨屋さんをよくハシゴしたものです。

ですが、しばらくしてそれらの雑貨で家が溢れていることが嫌になってきました。

すべてお気に入りなのですが、家の広さに対していろいろと買いすぎたのでした。

これらも名残惜しくはありましたが、心機一転手放すことにしました。

これらの雑貨もフリマアプリで同じ趣味の方の元に渡ったので良かったなあと思っています。

 

 

 

まだ断捨離したすべての物が手元からなくなったわけではないのですが、

いままでデッドスペースになっていた場所が有効活用できるようになり、部屋に詰め込まれていた物たちが減ったことで心にも余裕が生まれたことが今回の一番のメリットだったと思います。

ライフスタイルが変わったらその都度自分の持ち物を見直すことはとても大事ですね。

ポイントメイクは石けんオフできるものに。

最近ミニマリストの方のコスメに関する記事をよく読んでいます。

自分の手持ちのコスメもかなり減らしたはずですが、まだまだミニマリストへの道は遠いなあと感じます。

 


ミニマリストの方のコスメの傾向として

 


・ベースメイクの工程が少ない

・ポイントメイクのカラーが少ない

・石鹸オフできるものを選んでいる

 


があると思います。

 


ついあれもこれもと欲張ってしまいがちな私にはなかなかハードルが高いものばかりなのですが、少しずつ取り入れていきたいなと考えています。

 


最近はリップとチークはずっとクリームタイプの多色パレットを使用していました。

発色も色持ちも良いのですが、色素沈着が心配だったのとケースの構造上汚れやすくて気持ちよく使えないのが気になっていました。

また、チークを付けるときに一度手の甲に取ってからスポンジで伸ばして塗る、という手順で使用していたのでかなり面倒でもありました。

使うこと自体がストレスになっていたので、今までのリップチークは思い切って手放してしまうことに。

 

f:id:mono-archive:20190902080546j:image
新しいリップとチークは一色ずつで石けんオフできるものを選びました。

どちらもエトヴォスです。

 


チークはミネラルプレストチークのヌードベージュ。

f:id:mono-archive:20190902080550j:image

 

ベージュ系のチークは初めてですが、血色感が出てナチュラルな仕上がりがとても気に入りました。

SPF20でUVケアできるのも良いですね。

パウダータイプはブラシでササッと塗れる手軽さが魅力ですが、粉っぽくなりがちです。

こちらについては粉っぽさは気にならないです。

 


リップはミネラルルージュのフェアリーピンク。

f:id:mono-archive:20190902080623j:image

 

自分の唇の色味に近いカラーを選びました。

主張しすぎない大人っぽいピンクベージュです。

以前エトヴォスのリッププランパーを使用していてその時も唇の皮剥けはなかったので、今回も安心して使用しています。

今のところは何も肌トラブルは起きていません。

以前はかなり鮮やかなカラーを使用していたのでリップペンシルで輪郭を描いていましたが、ナチュラルなカラーなのでその工程も必要なくなりました。

 


今までのリップチークはかなり色味が強いものを使用していたので、今回の買い替えでは思い切って落ち着いた色味に統一しました。

リップチークを落ち着いた色にした分、アイシャドウ は少し濃いめに付けるようにしています。

 


リップやチークを日によって使い分けするほうが女子力が高い気がして、いろんなカラーを揃えようとしたこともありましたが、自分のライフスタイルではそれは必要ないなと今回改めて思いました。

 


季節の変わり目のせいもあるかもしれませんが、肌の調子があまり良くないので、今後も少しずつ肌に優しいコスメに切り替えていきたいと考えています。



皮剥けせず使えたリップ。

コスメ断捨離の時に捨てるかどうか非常に迷った末に一旦保留にしたものがあります。

口は昔から特に荒れやすいので、なかなか使用できるコスメが限られます。

ちふれのリップは安くてカラーも多くて良いなと思うのですが、使うと皮が剥けてしまいます。

他のドラコスも同じく。

基本的にリップはオーガニックコスメで探すことになるのですが、2年前くらいに買ったMIMCのカラーリップは私にも使えました。

f:id:mono-archive:20190828191638j:plain

UVリップ。

こちらは色付きリップということなのですが、かなり使用感は口紅に近いです。

塗り心地が滑らかで発色もハッキリしています。

カラーは03を使用していましたが、塗り方によって赤っぽく見えたりオレンジがかって見えたりして、これ一本で色々使えて便利でした。

気に入っていたのですが、元々結婚式用に濃いめの色味をチョイスしたので、平日メイクには使い辛く使用頻度は低めで同じ頃に買ったエトヴォスのリップチークばかり使用してました。

口に使うことを考えると、そろそろ使い続けるのは限界かなと思い今回泣く泣く手放すことにしました。

次もオーガニックコスメで探そうと思ってますが、MIMCかエトヴォスを候補に考えてます。

自分の好きな色、似合う色、日常的に使いやすい色が違うのでポイントメイクはいつも色選びが難しいです…


ズボラ収納にベストマッチ!な北欧風バスケット

白樺バスケットと言えば北欧インテリアの定番ですが、いいお値段なのでずっと手が出ずにいました。

 

 

以前イデーで北欧風の木製バスケットを購入して愛用していたのですが、引っ越しの際に適当に梱包したためにバリバリに割れてしまい…

材料の性質上あまり重いものを入れるわけにもいかないし、天然素材のバスケットはなかなか扱いが難しいものなんだとその時に痛感したのでした。

 

ネットサーフィンをしている時に洗える北欧風バスケットというのをたまたま見つけてずっと気になっていたのですが、

先日実際に商品を店舗で手に取ることができたのでまずはお試しで1つ買ってみました。

 

カラーも結構豊富で迷いましたが、我が家は無印のオーク材の家具が多いのでそれに馴染みそうなマロンをチョイス。

 

ナチュラルと比べると少し落ち着いた色味で、しばらく使用して味が出てきたような雰囲気があります!

 

木製のバスケットと比べると重量はありますが、しっかりした作りなので雑に扱っても壊れる心配がありません。

洗える材質なので汚れや水気を気にすることなく使用でき、用途も幅広いです。

 

すっかりお気に入りのバスケットになり、型違いで何個か買い足しました。

 

我が家ではキッチンやリビングで活躍しています。

 

トールにはルームスプレーや服用ブラシなどの少し背が高いものを詰め込んでいます。

f:id:mono-archive:20190824101610j:image

 

 

レクタングルMはリビングの掃除用具入れ。

f:id:mono-archive:20190824094300j:image

 

ハンディーモップやクイックルワイパーを収納しています。

柄が普通に出てますが…(笑)

 

 

レクタングルSはキッチンでドリップコーヒーなどの収納用。

f:id:mono-archive:20190824094216j:image

 

オーバルSはメイク道具入れに。

 

f:id:mono-archive:20190824094208j:image

 

どんな場所、物にも合うので我が家では敢えて日常的に目に付くところの収納として活用しています!

 


愛用メガネとメガネ収納。

終日パソコンと向き合う仕事をしているため、近年はドライアイ気味です。

 


昔はコンタクトとメガネを併用していましたが、今は何か特別な用事でない限りはメガネで過ごしています。

私の場合はポイントメイクのバリエーションが少ないので(笑)、かけるだけで印象もかなり変化するメガネはファッションアイテムとしても非常に重宝します。

f:id:mono-archive:20190823000410j:image


愛用のメガネは4本。

上が家用メガネ、下3本は外用メガネと使い分けています。

 


家用メガネは先日新調したばかりのunicoとjinsがコラボしているモデルです。

コンセプトが家用なので、材質も軽量でフレームの変形を気にせず使えて扱いやすいのが◎。

 


冷蔵庫のドアを開ける時にたまにメガネを強打することがあり、前の家用メガネは鼻パッドがよく曲がっていたので、こちらはシリコン製で安心です(笑)

 


外用メガネはUVカット目的のjins2本と、社会人2年目の時に思い切って買ったオリバーピープルを愛用しています。

オリバーピープルはUVカットレンズではないので、今の時期は使用していません。

 


UVカットの効果かはわからないですが、日中外出から戻った時の目のヒリヒリ感はマシになったような気がします。

 


これらのメガネは洗面所が定位置です。

オシャレなメガネ収納には憧れますが、何しろスペースがあまりないため100均のフックでデッドスペースを活用しています。

ネットで見かけたアイデアですが、手軽な割にかなり実用的でした。

我が家は賃貸なので、現状復帰できるようフックはマスキングテープの上に貼り付けています。

f:id:mono-archive:20190823000425j:image


常にどれかしらのメガネは使用しているので、収納スペースは3本分。

これ以上は収納スペースがないので、メガネの本数を今より増やしたい衝動もひとまずは抑えられています(笑)

 

収納スペースの余剰から持つものの数を決めるのは、合理的で実践しやすいルールですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリバーピープルズ OLIVER PEOPLES MASLON メガネフレーム OV5279U
価格:19224円(税込、送料別) (2019/8/23時点)

楽天で購入

 

メイク時短に単色アイシャドウ。

以前、コスメを断捨離した際に、手持ちのアイシャドウで

・使わないもの

・使用期限切れと思うもの

・自分にとって似合っていないもの


を捨てました。

 


その結果使えるアイシャドウがなくなってしまったので、新しく購入することに。

新しいものを買うにあたっては以下を重視しました。


・指塗りできる

=メイク道具を洗う時間の時短

・単色塗りできる

=メイク時間の時短

・自分に似合う色がある

・使いやすい色である

 


断捨離した時に自分のアイメイクの傾向を考えた結果、こういうアイシャドウなら使いこなせそうと思ったからです。

 


いろいろ吟味して購入したのは、コスメデコルテのアイグロウジェム!

言わずもがなの人気商品ですね。

f:id:mono-archive:20190820084939j:image


単色使いならミディアムカラーがオススメとのこと。

カラーバリエーションも豊富なので選ぶのが本当に難しかったのですが、

肌馴染みの良い色でブラウン系、ピンク系でそれぞれ選びました。

グラデーションも作りやすい商品なので、メイクが上手ではない私でも簡単にそれっぽくなります(笑)


選択肢が少ないことでその日の服装に合わせてささっとアイシャドウも塗ることができてかなり楽だなと感じています。


アイシャドウベースはRMKを指塗り。

色持ちが良いので、このところの暑さで汗を大量にかいても流れたりせずに助かっています。

 


仕事終わりに人と会う予定があったりする時は一応アイシャドウも塗り直しますが、その時はKATEのクレヨン状になっているアイシャドウをグリグリ塗って終わりです。

レッドブラウンなので朝どっちを塗っていても、上から重ねて違和感がないのです(笑)